今回は曜日の求め方について。


曜日計算の公式は有名なツェラーの公式などいくつかありますが、どれも複雑過ぎてイマイチ。。
そこで、浦岡が改良に改良を重ね編み出したシンプルな方法を紹介したいと思います。

次のように「年・月・日」を赤の数字に対応させてあてはめるだけ。




例1)1981年12月24日

(4+5+24)÷7=33÷7=4あまり5 → 木曜日


例2)2003年1月1日

1月・2月は前年の13月・14月とします。だから、2002年13月1日として計算します。

(2+1+1)÷7=4÷7=0あまり4 → 水曜日
[←戻る]