ALIVEとは



年9月に中部地区で初めての、MMA(総合格闘技)とブラジリアン柔術の常設道場として設立された老舗道場です。
代表である鈴木陽一がスポーツクラブの支配人出身ということで、格闘技を通じて「のんびり健康づくり」「格闘技を楽しむ」「格闘技で体力づくり」「試合に挑戦する」「生涯格闘家を目指す」「アマチュアの全日本を目指す」「プロ選手を目指す」「世界を目指す」と、幅広い目的の方を対象に運営されています。

現在は、直営支部であり選手育成には重きを置かない「ALIVE伏見支部 TIGRE(ティグレ)」、柔術のサークルである「ALIVE三重支部」と「ALIVE中川支部 蹴道館(しゅうどうかん)」があります。

ALIVE本部では、学校の授業のように時間割制で、「キックボクシング」「グラップリング(関節技有りのレスリング)」「ブラジリアン柔術」「MMA(総合格闘技)」を学べます。

MMAでは、過去に20名ものプロ選手を輩出し、金網総合格闘技HEATのチャンピオン新美吉太郎、修斗とパンクラスでトップランキング入りする久米鷹介、世界3団体でチャンピオンとなり現在は世界最大の格闘技団体UFCに参戦し海外を主戦場に活躍する日沖発ら、日本を代表する選手を産んできました。

ブラジリアン柔術では、過去に8名の黒帯を輩出し、日本最強と謳われたヨーロッパ選手権黒帯銀メダリストの杉江"アマゾン"大輔、日本黒帯チャンピオンの細川顕と服部恵子、世界茶帯銀メダリストの小林史明と桑原祐太ら、日本トップクラスの選手を産んできました。

確かな技術と丁寧な指導に定評がある正統派の格闘技道場です。

ALIVEには、海外で活躍するUFC選手、プロ選手、アマチュア選手、格闘技に青春を燃やす選手、趣味で格闘技を楽しむ方、アンチエイジングで汗を流す方まで幅広い方達が集います。
一緒に中部の格闘技界を盛り上げましょう! 鈴木陽一道場生の、腕試しの場、モチベーションの向上、プロ選手への道づくり、プロとしての活躍の場を提供するために、柔術のアマチュア大会、柔術のプロ大会、グラップリングのアマチュア大会、MMAのアマチュア大会、MMAのプロ大会も定期的に運営しています。


プロの格闘家、元気でいたい企業の経営者、生活習慣病の改善目的のビジネスマン、いつまでも強い男でいたい男性たち、シェイプアップやキレイな身体を目指す女性まで、幅広い目的のクライアントの方々とマンツーマンで運動処方をしています。

ALIVEには、きっと貴方の居場所があります。見学や体験入門も、随時受けていますので、ご連絡お待ちしております。
[←戻る]